化粧水をつけすぎると乾燥肌になる

###Site Name###

乾燥は美肌の敵です。

紫外線や乾燥した季節、冷房や暖房の効きすぎた室内では肌の水分が奪われてしまいます。シワが出来やすくなりますし、紫外線の影響を受けやすくシミになりやすく、化粧のりも悪くなるのです。老化の原因となる乾燥肌にならないために保湿効果の高い化粧水を使うのが効果的ですが、規定の使用量を守ることが重要です。


肌へ水分を入れようと多量に化粧水をつけると肌は蒸発させようと働き、逆に乾燥肌になってしまうのです。
それに水浸しになった肌は角質層がふやえて剥離しやすく傷つきやすい状態です。


角質層がはがれるとバリア機能がなくなりどんどん水分が蒸発してしまい乾燥肌になってしまいます。

適量の化粧水をつけて、水分が蒸発しないように油分で蓋をするのが正しいスキンケア方法です。

化粧水を多量につけると肌が潤い、透明感がでたように見えますが、一時的な潤いで持続しません。

健康な肌であれば水分があり保持能力もあるのです。
その本来の肌機能を壊さないようにやりすぎないスキンケアが重要です。

医療脱毛・レーザー脱毛のおすすめ病院ランキング | 口コミ広場

もし乾燥肌が進み敏感になっている状態であれば、化粧水はつけずに油分であるクリームのみのお手入れをしばらくの間続けることで改善されます。

肌が外的な悪影響を受けないように油分でカバーしながら、健康な肌が生まれ変わるのを待つという方法です。



肌表面の角質層を壊さないように自然な肌の生まれ変わりを促すことで、水分と油分のバランスのよい健康な肌へと変化します。