シミの一般的な治療方法

  • シミの成り立ちと治療法

    • みなさんはシミの成り立ちをご存知でしょうか。

      一般的には日焼けなどがきっかけでメラニンと呼ばれる色素が皮膚に沈着してしまう現象だと言われています。



      けれど同じように日焼けをしてもシミのできる人とできない人がいます。

      これはなぜ。
      実はメラニンが作られること自体は、悪いことではなく、むしろいいことなのです。太陽からの紫外線は人間にとって強い毒性をはらみます。
      そのため、紫外線が皮膚から体の深部に届いてしまうと、細胞の中の核を破壊して皮膚がんを引き起こします。


      それを防ぐために人はメラニンを作り出して表面にバリアを張り、紫外線の侵入を妨げているのです。
      このメラニンは新陳代謝の働きで1ヶ月から2ヶ月ほどかけて体外に排出されます。



      この機能がターンオーバー。ターンオーバーが正常に働くうちはシミはできません。



      ところが加齢や不規則な生活等によりターンオーバーの期間が不安定になることがあるのです。



      本来なら1〜2ヶ月で体外に排出されるはずだったメラニン。

      けれどそれが長引けば、排出されるメラニンよりも新たに作られるメラニンの量が上回ってしまい、やがてメラニンによる皮膚の色素沈着が定着してしまうのです。ではどうすれば定着してしまったシミを治療することができるのか。



      いくつか方法はありますが、まずは1番堅実なやり方として『ターンオーバーを正常に戻す』というものがあります。



      加齢による乱れはある程度しかたがないのですが、不摂生は治すことができます。



      俗に『お肌のゴールデンタイム』と呼ばれる22時から深夜の2時前後の間はできるだけ睡眠を心がけましょう。また、現在有効な手段としてレーザー治療というものがあります。



      これはメラニンを排出する元凶をレーザーで焼き切るという治療。
      高価な療法ではないので手軽に試せますが、シミの種類によってはまったく効果がない場合もあります。

      施術の際には専門医とよく話し合いましょう。

  • 関連リンク

    • 一言でシミといっても、状態はひとそれぞれです。治療を行うときは、どのような状態かを確認し、それに合ったケアをしなければいけません。...

    • みなさんはシミの成り立ちをご存知でしょうか。一般的には日焼けなどがきっかけでメラニンと呼ばれる色素が皮膚に沈着してしまう現象だと言われています。...